【親御さん必見】2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化の内容を読み解いてみた。

Pocket

こんにちは、StuTです。

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることになりました。

私の息子がちょうど2020年度から小学校に入学するため、必修化が実際どの様な内容なのか、調べてみましたので紹介させていただきます。

「必修化」という言葉から誤解してしまう内容もありましたので、ご参考にしていただければと思います。

調査に当たって参考にした情報はページ下部にまとめてありますので、興味があればご参照ください。

なお、今回は小学校の指導要領の変更についてフォーカスしていますが、中学校や高校教育でも情報教育の内容が盛り込まれる様になっているので、それらについては別途記事にしたいと考えています。

プログラミング教育必修化の背景

国(文部科学省)がプログラミング教育を必修化した背景は以下が挙げられています。

1. 国が「ITが今後の競争力となる」と認識。
2. 他国の中には情報教育を学校教育に取り込んでいる国もある。
3. 90%の職業で基礎的なITスキルが必要。
4. 一方でIT人材は不足。2020年までに37万人ものIT人材が不足するとのこと。

少し大きな話になりますが、共感はできます。

特に1については疑いようの無い事実だと思います。

現在のITにおける最たる例の一つはAI(人工知能)だと思いますが、AIは各種産業での利用から、国家の防衛まで幅広く利用が見込まれています。

これまでもWebからスマホと消費者レベルのITが進化することにより、時代が大きくシフトしてきた様に、これからもITが同様の力を持つであろうことは容易に推測できます。

IT領域で競争力を得ることは、産業の活性化による税収の維持・向上、国家の保安、継続的な成長のための人材の獲得という国の利益につながって行くのではないかと考えています。

3については、どこまでをITスキルと定義しているのかは不明ですが、90%という数字の大きさから考えて、IT端末(PC、スマホ、タブレットなど)の操作という程度かと思います。

少なくとも、プログラミングスキルが90%の職業で必要とされているわけではないし、今後も必要とはならないでしょう。

プログラミング教育必修化の狙い

次に、必修化の狙いについては以下の3点が挙げられています。

1. プログラミング的思考の育成。
2. プログラムの動きの理解、それが社会を支えていることの理解、コンピュータを使って問題解決をできることの経験や思考の獲得。
3. 各教科の中で実施する場合は、各教科での学びを確実にすること。

文科省が提示している内容を、多少整理はしているものの、できるだけそのまま書いていますが、そのままではわかりにくいため少し補足します。

教育の狙いとしては、1にあるように「プログラミング的思考の育成」であり、これは必ずしもプログラミング言語への習熟を意味する訳ではなく、あくまでもプログラミングで問題を解決しようとするならば、こう考えれば問題がとけるとか、プログラミングが組めるとか、そういう考え方を学ぶということを意味しています。

なので、小学校に任せておけば、バリバリプログラミングができるようになるかといえば、そんなことはほぼないと認識しておく必要はあります(そういうところを狙いとしていない)。

また、プログラミング的思考を養うために、「プログラミング」という教科ができるわけではないということがあります。
※教科や授業への取り込み方については、次項でも少し触れています。

つまり、プログラミング的思考は、他の教科の中で、その領域でのITの活用方法と合わせて学習していくことになります。

3で意味していることは、他の教科に置けるそもそもの学習内容を損なうことなく、プログラミング学習を実施するという意味かと思います。

プログラミング教育必修化の学習活動

狙いを実現するための学習活動は以下が挙げられています。

1. 教育課程内
1-1. 教育課程内で、指導要領に例示される単位にて実施するもの
1-2. 教育課程内で、指導要領に例示されていない単位にて実施するもの
1-3. 教育課程内で、他の教科の中で実施するのではなく、専用の時間を設けて実施するもの
1-4. クラブ活動等、特定の児童を対象にして行うもの

2. 教育課程外
2-1. 学校を会場とするが、教育課程外で実施するもの
2-2. 学校外で実施するもの

これらについては、そもそもの小学校教育の仕組みとして、文科省が学習指導要領を整備する中で、実際に何をどのように教えるのかは、各学校に委ねられているということを理解しておく必要があるかと思います(義務教育がそういう仕組みで成り立っていることを、私は今回初めて認識しました)。

つまり、あくまでも学習指導要領の範疇での話になりますが、学校側が一つの特色を打ち出してそれに特化した教育を実施するということも可能な仕組みであるということです(ただし、実際にはどこもそこまで冒険的なことはできず、幾重にも情報共有を重ね、どの学校もほぼ標準的な教育方針となっているのが現状ではないかと認識しています)。

そのような仕組みであるので、ここであげた1、2についてはその全てを学校側で実施しなければならない訳ではなく、この中から実施できるものをピックアップして実施していくことになるかと思います。

その上で、上記をみてみると、まず1-1、1-2は先に述べた教育の自由度とでも言うべき内容を表している内容かと思います(文科省が例示した内容で教育を行うのか、独自で考えるのかという点)。

1-3では、教科は作らないが、他の教科に合わせて学ぶのではなく、専用の授業を設けて教育することを意味していると読み取ることができます。

ただし、この場合もあくまでも教育課程内での内容はマストで実施する必要があるので、いきなりプログラミング言語を含めた専門的な教育を実施できるかといえばそんなことはほぼないのではないかと思います。

2については、教育課程外の話になるので、いきなりプログラミング言語の話をしてもよいという類の項目になります。

これについては、上の教育の自由度の仕組みとともに、教育課程外の活動も学校側が主導できるという仕組みがあることを今回初めて知りました。

それだけ、そういった活動はあまり行われていないということが実情なのではないかと思います。

2については、他の教育企業・団体も含め、プログラミング教育を共同で行うことができるという内容かと思います。

土曜日にプログラミング教育の企業とコラボして、プログラミング体験セミナーみたいなものがあったら、是非参加してみたいですよね。

プログラミング教育必修化に関する誤解

上記でも一部触れていますが、改めて「必修化」という言葉から誤解されやすい項目について改めて、ここに整理します。
※AERAのサイトでも記事がありましたので、参考にさせていただいております。

1. 「プログラミング」という教科ができるわけではない。
2. プログラミング言語の学習をするわけではない。
3. プログラミングの教育ではパソコンやタブレットを使うとは限らない。

まずは2に先に触れておきますと、教育の狙いが「プログラミング的思考の育成」であるため、指導要領としては言語の学習までを教育課程に含んでいないということです。

1についても、上述の通りで、「プログラミング的思考の育成」は専門の教科を作って教育していくのではなく、他の教科の中で、その分野での活用方法とともに学習していくものになるということです。

3についても、必修化の中で、実際にプログラミングをする機会はかなり限られると考えられるため、決して全てのプログラミング教育に置いてパソコンやタブレットを使うことはないということです。
※これについては、学校側でのアナウンスによって、個人で端末を用意する必要があるのか、ないのかということは学校ごとに分かれるのではないかと思います。

まとめ

今回は2020年度に必修化される小学校でのプログラミング教育について調査した内容を紹介させていただきました。

プログラミングの教科自体ができるわけではないですし、バリバリプログラミングを実施するという訳でもなさそうですので、かなり「プログラミング教育の必修化」という言葉から連想するイメージとは異なることがわかりました(少なくとも私が連想するイメージ)。

一児の親としては、新たな教科に子供が適応できるかどうかという不安が小さくなる一方で、プログラミングスキルを習得できるわけではないというがっかりした感情も同時に生まれています。

「プログラミング教育必修化の背景」の項でも触れている通り、ITスキルは今後国家の競争力になるものであり、個人のレベルでもそれは変わら無いと考えています。

プログラミングスキルにも様々なレベルがあるものの、プログラミングができるようになって、将来の就職に困ることはないでしょう(そもそも就職ではなく、企業という選択肢もあります。)。

個人的には、将来のことを考えて小さいうちから子供にはプログラミングに触れさせたいと考えており、今回の必修化は、少なくとも私が求めるレベルにはないことがわかりました。

現状としては、子供にプログラミングスキルを身につけさせる方法としては、私自身でプログラミングを教えるか、民間企業(※)で勉強させるかの二択かなあと考えています。
※無料体験などをやっているところもあるので、参考までに以下にリンクを貼っておきます。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

(参考)プログラミングを学べる民間企業

1. LITALICOワンダー

・ 2019年1月時点で東京と神奈川で展開。
・ ゲームやアプリプログラミングのほか、ロボットを動かすプログラミングコースもあります。
・ 以下の著名人も推薦するサービスです。
 - 元Google Japan社長 村上 憲郎さん
 - チームラボ社長 猪子 寿之さん
 - 元文部科学副大臣 鈴木 寛さん
・ 無料体験実施中。
・ Webのデザインもよく安心感があり、個人的にはまずここは見ておきたいと思っています。

2. ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室
3. ヒューマンアカデミー ロボット教室

・ どちらも全国で展開しているヒューマンアカデミーの講座です。
・ レベルに応じたコース設定。
・ 無料体験実施中。
・ 全国にあるのが利点。

4. D-SCHOOLオンライン

・ 時間や場所によらず、オンラインで学習可能。
・ ロボットやゲームプログラミングが学習可能。
・ 無料体験実施中。
・ いきなりオンラインでやるには、お子さんが一定のレベルに達している必要があるか、親御さんの手厚いサポートが必要かと思います。

参考サイト・情報

・文部科学省 「小学校プログラミング教育の必修化に向けて」
https://miraino-manabi.jp/assets/data/info/miraino-manabi_leaflet_2018.pdf

・文部科学省 「新学習指導要領 -情報教育・ICT活用関連部分のポイント-」
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/30/1375607_01.pdf

・AERA 「プログラミング教育」必修化の3大勘違い! 誰もが思い込みがちな間違いとは?」
https://dot.asahi.com/dot/2017121300044.html?page=1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする